N・フィールド(エヌフィールド)|公式ブログ

メディカル・ライフサポーターの株式会社N・フィールド(エヌフィールド)の公式ブログです。

職員インタビュー10 Oさん

みなさん、こんにちは。
エヌフィールドの職員インタビュー10回目を配信します。

 

本日はOさんを紹介します。

 

訪問看護ステーション デューン西大阪 
関西 西エリア統括部長

デューン歴】2年5ヶ月

 

Q.現在の仕事内容はどのようなことですか?

メインとしては訪問です。

もともと16年間精神科の病棟で働いており、
この会社に入ったきっかけも支店長に憧れて入社しました。
エリアの統括部長となりましたが、
やっぱり現場で利用者様と顔をあわせて、言葉を交わすことでこそ、
信頼関係は成り立つと思うので、毎日忙しいですが充実しています。

 

Q.仕事のやりがいは何ですか?

利用者様の「笑顔」であったり、自立していく姿が見れることですね。
コミュニケーションが一番大切ですし、利用者様の希望であったり
信頼関係構築の為に親しみやすい言葉で話しかけることも大切です。

その中で利用者様にどれだけ親身になって対応できるか、
思いやることができるかが試されると思っています。

 

Q.仕事の上で大切にしてることは何ですか?

利用者様が元気でいられるように、普段と変わったところはないかよく観察し、
健康を管理・把握することです。

 

Q.誰にも負けないと思うところはどのようなことですか?

利用者様を思う気持ちです。(かなり強めに!!即答でした!)

 

Q.休日の過ごし方を教えてください。

海にいって浮き輪でぷかぷかと浮いています。
気持ちいいですよ。
最近では富貴蘭栽培とか鑑賞も結構好きです。
あとは犬と遊んだりします。
Nフィールドの職員には犬を飼っている人が多いですね。

 

 

Oさんを紹介しました。

Oさんにも誰にも負けない所はどこですか?と質問した際に
「利用者様を思う気持ちです!」と断言されていました。
あまりの即答で「誰よりもですか?」と多少失礼な聞き方してしまいましたが、
笑いながら「そこは負けませんよ(笑)」と言っていただけました。
正直お怒りかなと思っていましたが怒られることもなく安心しました。
と同時に、懐の深さに感涙しました。

お忙しく時間もあまりない中でも、
気さくにお話ししてくれたことが印象に残っています。
暑い日が続くので体調管理は怠らず、
利用者様に元気を届けてほしいと思います。

 

引き続き職員インタビューを行っていきたいと思います。
次回もお楽しみに。それでは。

職員インタビュー9 Gさん

みなさん、こんにちは。
エヌフィールドの職員インタビュー9回目を配信します。

 

本日はGさんを紹介します。

 

坂本龍馬になりきるGさんf:id:n_field777:20160802110340j:plain

 

訪問看護ステーションデューン徳島
執行役員

デューン歴】2年5ヶ月

 

Q.現在の仕事内容はどのようなことですか?

四国全域を統括しております。
6月に徳島に新しく事業所を開き、今月も高知に開設します。
その中で、それぞれの事業所を軌道に乗せることが今の仕事です。

私の業務で少しみなさんと異なっているのは、訪問は行わないことです。
新規で事業所を開設するにあたり、それぞれの県に申請であったりその他の手続を行っております。

より多くの方がエヌフィールドを利用していただける環境づくりをできることは
同時にやりがいにも繋がっていますね。

事業所を軌道に乗せる時には当然、職員みなさんの力なくして
成功はありませんし、人とのつながりは大事にしています。

 

Q.仕事のやりがいは何ですか?

新しく事業所を開設することができるということは、多くの人に支えられている証拠であると思います。
前述しましたが、より多くの方に利用いだだけるよう環境を整えることは、どちらかと言えば裏方作業で、
利用者の方々から直接感謝されることはありませんが、環境を整えているという自負もありますし、
やりがいも感じています。

 

Q.仕事の上で大切にしてることは何ですか?

人を大切にしていることです。
職員みなさんの協力がないと、事業所も軌道に乗せられませんね。

 

Q.誰にも負けないと思うところはどのようなことですか?

車の運転です。
1ヶ月で7,000km走りました。

 

Q.休日の過ごし方を教えてください。

家でのんびり過ごしていることが多いです。

 

 

今回はGさんを紹介しました。
一日の半分が車の移動だそうです。
四国を中心に事業の拡大を支えているGさんの話し方には
風格すらも垣間見えました。

 

今回はここまでですが、引き続き職員インタビューを行っていきたいと思います。


次回もお楽しみに。それでは。

職員インタビュー8 Oさん

みなさん、こんにちは。
エヌフィールドの職員インタビュー8回目を配信します。

 

本日はOさんを紹介します。

 

イエローのカーディガンがお似合いなOさんf:id:n_field777:20160722100127p:plain

 

訪問看護ステーションデューン岐阜
執行役員

デューン歴】7年10ヶ月

2月にできたばかりの事業所になりますので、今はまだ訪問は多くはありませんが
所長、エリア部長を兼任しており、主にエリアのマネジメントを行っております。

また、入社希望の方の面接も行っております。

エヌフィールドには前職で病棟の看護師をされていた方が多く在籍しておりますが、
私も前職は、精神科の病院で看護師をしておりました。
病院ではなかなか難しい「寄り添った看護」が訪問看護ではできるので、
興味を持ってくださる方が増加傾向にあると感じていますね。

利用者様、一人一人としっかり向き合って仕事をすることが訪問看護の魅力の一つです。

訪問するときは1人で行きますが、
1人の利用者様に対し、2~3人のスタッフで看護をします。
曜日ごとに訪問するスタッフを変えていますね。


そうすることで私たちも1人で悩み事を抱え込むこともありませんし、
利用者様にとっても家族以外で多くの人と関わることがメリットになっております。

 

Q.仕事のやりがいは何ですか?

利用者様の「笑顔」ですね。
チームみんなで喜べる事に本当にやりがいを感じております。

 

Q.仕事の上で大切にしてることは何ですか?

看護師によって伝える事が異なると利用者様が困られるので、
チームでの情報共有を本当に大切にしております。
チームで同じ目的をもって臨機応変に対応しております。

 

Q.誰にも負けないと思うところはどのようなことですか?

昔から心がけていることなのですが、
役職問わず、スタッフの皆さんと一緒に学ぶ姿勢をとっていることです。
そして、所長や現場のスタッフとのコミュニケーションを大切にしております。

 

Q.休日の過ごし方を教えてください。

音楽を聴くことが好きです。特にスピッツが大好きなんですが、
スピッツのライブに行くことを楽しみに日々の仕事も頑張っております。(笑)

 

 

Oさんを紹介しました。
利用者様に笑顔になってもらうことはもちろんですが、
働いているスタッフの笑顔も大切にされていました。

執行役員という役職ながらスタッフと一緒に学ぶ姿勢を心がけている気持ちの持ちようは、スタッフからしてもとても親近感を持つことができ、よりよいサービスの向上に繋がりそうですね。

今回はここまでですが、引き続き職員インタビューを行っていきたいと思います。
次回もお楽しみに。

 

それでは。

職員インタビュー7 Kさん

みなさん、こんにちは。
エヌフィールドの職員インタビュー7回目はKさんを紹介します。

ペットのワンちゃん3匹を抱っこするKさんf:id:n_field777:20160706170356j:plain

訪問看護ステーション デューン岡山
部長

デューン歴】2年6ヶ月

 

Q.現在の仕事内容はどのようなことですか?

朝は朝礼から始まり、訪問に行きます。

1日3~4件の訪問していますね。
その合間に各事業所へ行き、事業所の所長と会議を行ったり
スタッフたちとコミュニケーションを取っています。

やはり仕事内容としてどの看護師も利用者様の事を把握していくので、
コミュニケーションをとることが大切です。

また、関連機関への挨拶回りもしています。
新規でエヌフィールドを利用いただく方にあたって、
関係機関と会議も行っていますが主には訪問がメインになってきますね。

 

Q.仕事のやりがいは何ですか?

やっぱり利用者様が私を待ってくれている事です。

最近は、利用者様から指名をもらったりしています。
自分の事を待ってくれている人がいるのは本当にうれしい事ですよね。

私は12~13年、病院で精神科の看護師をしていたのですが、
2年半前にエヌフィールドに転職しました。

イメージとして看護師は外で看護というものはできないと思ってました。
諦めかけた時に、訪問看護の仕事があると聞き迷わず入社を決めました。

看護師になることは実は5歳からの夢だったので
今、毎日が楽しいです。

また、家庭を持っていると、どうしても限られた仕事しかできないイメージがありますが、
エヌフィールドではそういった女性でも活躍できるので、楽しく働くことができます。

 

Q.仕事の上で大切にしてることは何ですか?

利用者様に対して家族のように思っています。
それくらい一人ひとりと向き合って、接していくことを心がけています。

 

Q.誰にも負けないと思うところはどのようなことですか?

仕事中は仕事の事しか考えない!!

プライベートとしっかり分けることで仕事にも集中できます。

 

Q.休日の過ごし方を教えてください。

家族とゆっくり過ごしています。

主人がサーフィンが好きなので、よく海にも行きます。
夏は四国…、冬は日本海…。

私は日に当たるのが苦手なので
車でワンちゃん3匹と待っているんですけどね…(笑)

 

Kさんを紹介しました。

誰にも負けない所はどこですか?っと質問した際に
「えー!バカなところですかねえ~ハハハ(笑)何か一つでも笑かしてやろうと思ってるんですー!」
とお答えいただきました。


本当に明るくて元気な女性です。
本来ならばインタビューするこちら側が盛り上げなければならないのですが、とても楽しい気持ちにさせてもらえました。
利用者様から指名をもらう理由もうなずけます。


今後も利用者様や従業員からたくさんの笑顔を
引き出してほしいと思います。

引き続き職員インタビューを行っていきたいと思います。
次回もお楽しみに。

 

それでは。

職員インタビュー6 Kさん

みなさん、こんにちは。
エヌフィールドの職員を引き続き紹介します。
意図しているわけではありませんがKさんが多いですね。

デスクで微笑むKさんf:id:n_field777:20160623110155j:plain

訪問看護ステーション デューン二条
執行役員

デューン歴】2年9ヶ月

 

Q.現在の仕事内容はどのようなことですか?

先に紹介されたみなさんと同じく、基本的には訪問を行っております。
私自身、学生の頃から「人の役に立ちたい!」という気持ちが強く、看護職を目指しました。
そして、その夢が叶い看護師になることができました。働いていくうちに、人のメンタルに興味を持ち、利用者の方が入院をせずにその人らしく毎日を過ごすことを実現させるお手伝いがしたく、エヌフィールドに入社いたしました。

 

Q.仕事のやりがいは何ですか?

「人の役に立ちたい!」と思っていた私にとって、利用者の方が病気になったことによってできなくなった事が、できるようになった時にとてもやりがいを感じます。
仕事がしたい!今までのように働きたい!と感じる方が多いですね。
やはり嬉しいですよ。

諦めざるをえなかった事が再びできるようになったのを近くで見れることは。

 

Q.仕事の上で大切にしてることは何ですか?

一番は、現場のスタッフがやりがいを感じながら働ける環境作りをする事ですね。
コミュニケーションを大切に日々の業務に取り組んでいます。

 

Q.誰にも負けないと思うところはどのようなことですか?

真面目なところです。

 

Q.休日の過ごし方を教えてください。

基本的には家でのんびりしています。
ご飯が大好きなので日本のいろいろな箇所で食べ歩きをしたいです。
海の幸なんかが今は特に食べたいですね。

 

本日はKさんを紹介しました。
実際にお話をうかがった際もKさんの真面目さが見られましたし、
「人の役に立ちたい!」という気持ちがとても伝わってきました。
一人でも多くの方がその人らしく毎日を過ごせるように
職員一丸となってこれからも尽力していきましょう。

本日はこの辺で。それでは、また。

 

職員インタビュー5 Kさん

みなさん、こんにちは。
エヌフィールド職員インビューも5回目を迎えました。

 

ドアの前で微笑むKさんf:id:n_field777:20160520142248j:plain

 

訪問看護ステーションデューン泉佐野
執行役員

デューン歴】3年8ヶ月

 

Q.現在の仕事内容はどのようなことですか?

主に訪問になります。一日の訪問件数としては3~4件です。
また各事業所スタッフの面談やステーションミーティングに参加し、
スタッフが働きやすい環境をつくる為にも、スタッフとのコミュニケーションを大切にしています。
面談をすることでスタッフが悩んでいる事や、新たにチャレンジしてみたい事を知ることができ、
モチベーションアップにもつながりますよね。そのことによって、より良いお仕事ができると思っています。
もちろん利用者の方たちからの信頼を得続けるためにも、
私自身も現場に足を運んだり、各事業所のエリア部長と話しあったりすることで工夫しています。
また、エヌフィールドへの就職希望の方の面接も行っております。
今まで病院で看護師として働いていた方が「退院後、その方らしく毎日を過ごせるように、在宅でのお手伝いをしたい」など、退院後の生活もフォローしたい!という思いを抱いている方も増えてきていると感じますね。

 

Q.仕事のやりがいは何ですか?

チームで何かを達成出来た時、スタッフへの指導という立場において、
一緒に悩み成果があげられた時やスタッフのやりがいを感じられた時はとてもやりがいを感じます。

 

Q.仕事の上で大切にしてることは何ですか?

育った環境は違いますが、スタッフひとりひとりが親、子供、兄弟、家族の一員であるペット、友人など
大切な人や大切な時間に支えられながら仕事をされている方が沢山おられると思います。
その中で、プライベートと仕事の両立を考えるとチーム内での良い関係性の構築により職場内での問題はその日の内にスタッフ間で即解決し、プライベートには仕事の悩みを持ち込まないようにする環境作りが出来るようにしています。
またスタッフ間での関係性の構築により、社内業務の効率化も図ることが出来ると考えます。

 

Q.休日の過ごし方は?

好きな音楽を聴きながら自宅の掃除と好きなものを食べてリフレッシュしています。

 

 

今回はKさんを紹介しました。
訪問や採用面接を行いながら、前々回紹介しましたKさんと同様にわたしたち社員の働く環境にたいへん注力いただいています。

わたしたちもそのことを念頭に置いて、日々の業務に取り組まないといけませんね。


それでは、次回の職員インタビューもお楽しみに。

 

 

職員インタビュー4 Aさん

こんにちは。
恒例になりましたエヌフィールドで活躍している職員紹介の時間です。

 

愛犬と共にピースするAさんf:id:n_field777:20160428113243j:plain

訪問看護ステーションデューン南宮崎
九州Ⅲエリア 部長(宮崎、鹿児島、熊本)

デューン歴】4年7ヶ月

 

Q.現在の仕事内容はどのようなことですか?

エリアの管理はもちろん、訪問も行っています。
平均して5~6件でしょうか。多い時で8件の訪問があります。
エリアには5つの事業所と1つの営業所があります。
基本的な移動手段は車で、距離としては150kmを超える時もありますね。
前職は精神科の病院で働いていました。
病棟で仕事をしているときに、なかなか退院ができない利用者様の意思をもっと尊重したいと思い、
在宅医療に興味を持ち、エヌフィールドに転職しました。

 

Q.仕事のやりがいは何ですか?

自宅にいらっしゃる利用者様がわたしたちの訪問を心待ちにしてくださることにやりがいを感じます。
わたしたちの顔を見てホッとしていただけることは本当に嬉しいです。

 

Q.仕事の上で大切にしてることは何ですか?

利用者様の意思を第一に優先することです。
また、利用者様の一番近くにいるのはわたしたちなので、
状況をいち早く察知し入院を回避することも大切にしています。
関係性を築くことで、利用者様の心身の変化にいち早く気づくことができます。

 

Q.誰にも負けないと思うところはどのようなことですか?

精神科での経験が長いので、今までの経験をエヌフィールドで活かせているところです。
医療の発達速度はとても早いです。そのため常にアンテナを張り、これからの訪問看護に活かしたいです。

 

Q.休日の過ごし方を教えてください。

5歳の愛犬と遊ぶことです。
写真にもありますね。

 

Q.他に伝えたいことはありますか?

日本の現状として、長期入院している利用者様を地元地域に帰すという指針がありますが、
わたしたちエヌフィールドでは早い段階から訪問看護のレール造りに取り組んできたので、
これからの体制が楽しみです。
また、エヌフィールドの強みは全国展開していることです。
例えば、利用者様のご家族の事情で他府県にお引越しされた場合、
新たに在宅看護をしてくれるところを探さなければなりません。
ですが、全国展開しているエヌフィールドでは、そういった利用者様でも
継続的に安心していただける訪問看護ステーション「デューン」があります。
場所は違えど利用者様の状態については、
連携をとることが可能なため信頼していただけると思います。

 

Aさんを紹介しました。
一日の走行距離が150kmを越える時があるのはすごいですね。
想いの強さを感じることができます。
利用者様の笑顔や健康のために、見習うべきことが多々ありました。
愛犬もたくさんの愛情を感じていることでしょう。

 

それでは今回はこの辺で。
次回も引き続き職員をインタビューします。

職員インタビュー3 Kさん

みなさん、こんにちは。
今回もエヌフィールドで活躍している職員をインタビューしてきました。

 

笑顔を向けるKさん

 

訪問看護ステーション大森
関東Ⅰエリア 執行役員

デューン歴】4年(7月でまる4年)

 

Q.現在の仕事内容はどのようなことですか?

4年前にエヌフィールドに転職しましたが、転職したきっかけは
利用者様の退院後の生活を見たいという強い想いがあったからです。
前職も看護師として働いていましたが、
入院中の患者様の症状しか把握できませんでした。
急性期の症状が分からないわけです。
訪問看護では退院後、なぜ体調が優れないのか、
またどうして悪化してしまったのかをしっかりと把握することができます。
これは訪問看護の最大の特徴であると同時に、とても魅力で
訪問看護の勉強をしたいという一心でエヌフィールドに入社しました。

 

Q.仕事のやりがいは何ですか?

利用者様を中心としたチーム医療ですね。
訪問看護は医療として、利用者様と直接密に
関われることも大きなやりがいです。

 

Q.仕事の上で大切にしてることは何ですか?

利用者さまが考えていることを、大切にするということです。
例えば、「利用者さまが薬を飲むのを嫌がっている」場合に、
体調がすぐれないのかな、それとも何か他の理由があるのかな、と
しっかりと考えて確認し、医師や他の関係機関の方たちと協力して
具体的なサポートアクションに繋げていきます。
また、チームとして動くことも大切にしています。コミュニケーションを
チーム内でしっかりと取り、情報共有を適切にとることで、
認識のずれを防ぎ、円滑に活動ができるようにしています。

 

Q.誰にも負けないと思うところはどのようなことですか?

利用者様が、いかに毎日の生活を過ごしやすくできるかを考えるのはもちろんですが、
スタッフの働く環境づくりにも意識を向けています。
先ほどあったコミュニケーションを取ることもこの環境づくりに繋がってきますね。
そうすることによって、スタッフが訪問看護という本来の仕事に集中でき、
その結果、利用者様に最高の看護を提供できると信じています。

 

Q.休日の過ごし方を教えてください。

愛犬のジャックラッセルテリア(オス)との散歩です。

 

今回はKさんを紹介しました。
Kさんは利用者の方々だけでなく、わたしたち社員の働く環境づくりにも
しっかりと目を向けて日々の業務をこなしています。こうした環境作りが
あるからこそ、利用者の方々としっかりと向き合うことができているんですね。
次回の職員インタビューもお楽しみに。
それでは、また。

 

 

職員インタビュー2 Nさん

みなさん、こんにちは。
久々の更新になり、申し訳ありません。


今回も、前回に引き続きエヌフィールドの職員をインタビュー形式で紹介します。

デスクに座り笑顔をコチラに向けるNさん

訪問看護ステーション デューン広島
広島、福山、呉エリアのブロック長

デューン歴】2年
【1日の平均訪問件数】6件

 

Q.現在の仕事内容はどのようなことですか?

日々所長業務をこなしながら、合間に訪問を行っています。

訪問地域は広島だけですが、多いときには8件くらい訪問する日もあります。

訪問では日常生活のお手伝いをしていますが、”利用者さまに合わせて”
手伝う内容や方法を変えています。「食事は何を食べたのか」、「よく眠れ
たのか」といった、どこにでもあるようなコミュニケーションを積極的にとることで、
利用者さまの状態や状況を正しく捉えるように努めています。

また、広島・福山・呉エリア内のブロック長として、各事業所の所長と
毎日電話で話し、状況を把握して指示出しなどを行っています。
加えて、時々は各事業所へ行き、スタッフさんも含めコミュニケーションを
とるようにしています。

中には、顔を見て、直接話してみないと伝わらないこともありますよね。

 

Q.仕事のやりがいは何ですか?

ざっくり言えば、利用者様とお話をすることです。
そこから利用者様とコミュニケーションをとり、信頼関係を築きあげることで、
再度利用をしてくれることが嬉しいです。
また入院をせずに、利用者様の住み慣れた家で
安心して生活を送ってもらえることにとてもやりがいを感じます。

 

Q.仕事の上で大切にしてることは何ですか?

誠意を持って接することです。
看護は「人」対「人」で成り立っているため、関係機関の方々にも誠意を持ちますし、
もちろん利用者様一人ひとりに対しても誠意を持って接しています。

 

Q.誰にも負けないと思うところはどのようなことですか?

考えてもどうにもならないことを深く考えすぎないところです。

もちろん考えないといけない部分は考えますが。
悩みだしたらきりがないので、悩んでいる時間があれば、
目の前の一つ一つの出来事に対して取り組む姿勢です。
また、寝たら忘れるのも、わたしの負けないところだと思います。
もちろん、大事なことは忘れませんよ。

 

Q.休日の過ごし方を教えてください。

アロマテラピーが趣味で休みの日は気分をリフレッシュしています。
わたしはラベンダーや柑橘系の香りが好きですね。おすすめです。
たまにですけど、近くの銭湯に行って、岩盤浴もします。
自分自身が健康でないと看護はできないので、体調管理にはとても気を使っていますね。

 

 

今回はNさんを紹介しました。

ご自身の体調管理をしっかりとおこなって、
これからも利用者様の笑顔を引き出していただきたいです。
次回はどんな職員が登場するのでしょうか。


それでは、お楽しみに。

 

 

職員インタビュー1 Sさん

みなさん、こんにちは。
この場を借りて、エヌフィールドの職員をインタビュー形式で紹介して行きたいと思います。

 

元気よく挨拶するSさん

訪問看護ステーション デューン川口

デューン歴】3年8ヶ月
【1日の平均訪問件数】5件
精神科病院で訪問看護経験を持つ。

 

Q.現在の仕事内容はどのようなことですか?

基本的に訪問の毎日ですね。多い日は7件訪問することもあります。
訪問先では、利用者様の服用のお手伝いをします。
まずは服用する薬の確認から始まり、飲み忘れがないようにカレンダーへの記入もします。
次に血圧や熱をはかり、健康チェックや日常生活の確認を行います。
部長職としての業務は埼玉に6つの事業所があるので、
何か起これば各事業所に足を運び対応しています。
あとは、事業所に就職希望の方の面接もしていますよ。

 

 

Q.仕事のやりがいは何ですか?

利用者様が自分らしい生活ができていて、当たり前に過ごしている日々を
近くで見れるようになったときや精神面での利用者様が多いため、引きこもりがちですが、
徐々に外へ出られるようになってきたときに心のそこからやりがいを感じることができますね。

 

 

Q.仕事の上で大切にしてることは何ですか?

自分本位でなく、利用者様を素直に見ることや先入観を持たないためにも偏らない心です。
一番大切にしているのは、利用者さまにとって安心できる存在であることですね。

 

 

Q.誰にも負けないと思うところはどのようなことですか?

仕事が好きだからやり続けるというぶれない気持ちです。

これだけは他のだれにも負ける気がしません。
信念といいますか、根本のやらないといけないという部分が会社の方針と同じで、
会社が行っている事業に対して、間違いはないと感じています。

 

 

Q.休日の過ごし方を教えてください。

自分自身のメンタルと安定維持には特に気をつけているので、
気分転換をするためにも、娘とカラオケに行っています。
声を張る曲が好きで、ドリカムがお気に入りです。
あとは、子どもの頃からはまっているのですが、劇団四季などのミュージカルを見ることです。

 

 

 

本日はSさんを紹介しました。


エヌフィールドでは多くの職員が日々奮闘しています。

今後も活躍している職員を紹介していきたいと思います。